一生に一度のイベントを彩る結婚式場の選び方

スタイルを知る

ピンクのフラワーシャワー

一般的に結婚式を挙げる場所と言えばホテルが候補に挙がりますが、広くホテルを結婚式場として利用するようになったのは高度経済成長期以降の事です。
実は、歴史が浅い文化であると言えます。
ホテルウェディングは費やす費用も莫大ですから、バブル崩壊以降のご時世にはそぐわない部分もあります。
近年は費用を抑えるだけでなく、アットホームな結婚式が好まれている事からもレストランウェディングが人気を博しています。
レストランと言えば披露宴の会場を思い浮かべますが、現在では挙式から披露宴まで行なえるお店があります。
結婚式に出席する来賓者が一番楽しみにしている事は「料理」と言う調査結果が出ていますから、参列する方々にとっても喜ばしい式場です。

レストランで挙式から披露宴まで行なう場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。
まず、現在全国のご夫婦が結婚式にかける費用は平均で約340万円である事が分かっています。
一方レストランを式場にしたご夫婦が費やす費用は、平均約293万円ですから、一般的な平均総額をかなり下回る事が分かります。
ホテルや大規模な式場はそれだけ設備費用や人件費がかかりますから、当然の違いであると言えるでしょう。
またレストランを式場にする場合、近年では結婚式で振舞うコース料理をあらかじめ試食させてくれるお店がありますので、シェフの腕前を確認したい場合そのようなサービスを利用しましょう。
後悔しないレストランを見付ける事ができます。
また、新しくウェディングメニューを考案してもらう場合、夫妻の意見を取り入れてくれるお店もあります。